dream therapy

ドリームセラピーとは

 

                 意識が自分の人生を創りあげています

 

 

古代より人は夢の不思議に心揺らぎ、占いにその意味を見出してきた歴史がありますが、マコバの夢のカウンセリングは夢占いとは違います。

近代、フロイトとユングによる夢分析が行われてから、精神医療やカウンセリングの分野において夢分析が用いられています。

夢を理解するのは、まるで未知の外国語にふれるときと似ているかもしれません。

ちょっとしたコツのようなものがあるのですが、夢の意味が腑に落ちたとき、その指針を生かせると、新たな人生の扉が開きます。

 

 

じつは夢にはいろいろな種類があって、心像を伝えるシンボルも人によって意味合いが大きく違うのをご存知でしょうか。

見知らぬ登場人物まで自分に関連してくる夢。

その解読は、唯一無二のあなたに向けたユング心理学でいわれるセルフ(大いなる自己)からメッセージを受け取ることといえます。

 

 

たとえば『あるがままの自分でいい』と言ってはみても、「自分はいつもこうなる..」という自動的に繰り返されるパターンに気づかずにいると、問題にハマッたまま身動きができません。

「現実はこんなもの。みんなそう。」

「ポジティブに考えるようにしているけれど本当はシンドイ。」

そんなことも多いのではないでしょうか。

 

そのような私たちに まるで脱皮を促すかのように印象的なイメージを夢は具体的なテーマをもって迫ってきます。

 

マコバのドリームセラピーは、ユング心理学のアーキパイタル(元型)をもとにアートセラピーの手法を用いて夢を解読し、さらにあなたの潜在意識へと問題解決まで迫るセラピーです。

心の複雑なメカニズムをひも解き、解決して初めて『あるがまま』の本当の意味に気づけることでしょう。

 

また人間関係、パートナーや家庭、仕事や心身の健康問題についても、行きづまりの原因と解決策を明らかにし、目標を達成するためのポイントも夢から読み取ることができます。

 

夢の解読にとどまらず夢を日常に活かすマコバのドリームセラピーです。

さまざまなご相談にご利用ください。

 

本来のご自分をいきいきと発揮できますように心から応援いたします。